2011年03月08日

既定のプログラム

今まで知らなかったです。。。orz

ブラウザとかMUAとかを立ち上げる時に,自分が既定のプログラムになっていないと既定のプログラムにするか聞いてきて,既定のプログラムにすると,
  • 「コントロールパネル−インターネットのプロパティ−プログラム」の設定の変更
  • 拡張子との関連付けの変更
  • スタートメニューの左上のショートカットの変更

あたりを一気にやってくれるものと思い込んでいました。

でも,Thunderbirdが何故か居座っていて。。。

スタートを右クリックして,[スタート]メニュータブから「カスタマイズ...」ボタンをクリックすると開くダイアログの全般タブの下側のある[スタート]メニューでの表示のところが,既定のプログラムで選択したのと食い違っていました。

設定を修正して,視界からThunderbirdがやっと消えてくれました。
受信トレイをバッサリ消してくれたThunderbirdくんは,過去のメールを参照する時にしか会いたくないです。


posted by chu at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2011年02月28日

bookmarkの整理と活用

Google Readerでのbookmark管理なのですが,RSSリーダとして使うのにbookmark部分が邪魔でしかないことに気付きました。。。
なので,ちょっと方向修正。


情報って,収集−整理−活用だって,いろんなHow toに書いてあるけど,
自分の現実は,収集−活用だけで,整理はあまりしていない。
グチャグチャになってどうしようも無くなった時だけは整理しているかも。

なぜ整理しないかと考えてみれば,収集して活用した後,もう一度情報を使うことがほぼ無いからだと思う。何故ならもう一度使う時点で情報が古くなってるから,収集から始めた方が確実で速い。
それなのにbookmarkへの登録は沢山している。

どんな時にbookmarkを登録しているか振り返ってみると,収集の段階では,検索して活用できる情報は,基本タブで開きっぱなしにしていて,ブラウザを立ち上げる時には前回終了させたページを復元させてるから,一段落するまではbookmarkは使っていない。

作業が完了したり,一段落したりした時,それと一時中断して他の作業のために情報を集め始めてタブが沢山になって邪魔になった時に,一気にbookmarkへ登録している。
中断して再開する時には,bookmarkの登録順にある範囲をタブに復元させる感じの使い方みたい。

これだと,フォルダー分けとかもなく,ずらっと並んでリストがどんどん長くなってしまうので,リストの長さの許容範囲を超えた時に,フォルダ分けとか整理を試みてる。途中で嫌になって辞めちゃうけど。

なぜ整理が嫌になるかと言えば,多分フォルダ分けの時に,どういうフォルダ階層を作るか,そのbookmarkをどこのフォルダに入れて置くのかを考えるのが面倒になるからだと思う。

どのフォルダーに入れるかを考えるのは,結構苦痛。
あるwebページが特定のカテゴリーだけを扱っていれば良いのだけれど,複数のカテゴリーの内容を扱ってることがほとんどなので,入れるべきフォルダーに悩んでしまう。

現状,使い方的にはこんな感じ。

bookmarkの管理方法は,今はXmarksを使って,端末間,ブラウザ間で同期させていて,自分が作業する環境では,同じbookmarkにアクセスできる状態にはしている。

今より,自分の使い方に合ってて,整理が楽で,作業環境で同じbookmarkにアクセスできるbookmarkの整理を見直してみた。
もう少し先にはwebクリッピング的なこともやってみたいけど,まずはbookmark整理の範疇で。

まずは,どこにbookmarkをどこに置くか。自分の使い方では,Google bookmarksが良さそうな感じ。
日本のブックマークでは無く,bookmarksのほう。
http://www.google.com/bookmarks
だと日本のブックマークにリダイレクトされてしまうので,
http://www.google.com/bookmarks/l
このURLでアクセスする。最後に/lを付ける。
何故bookmarksかと言えば,Labelとlistが使えるから。ブックマークだとラベルしか使えないみたい。

Labelは,何のためにそのwebページを見ているかを入れておく。一般的なカテゴリ分けとか,いくつ入れておくとかは考えない。同じようなLabelを付けてしまった時は,あとで入れ直せばよいと思う。
考えるとLabel付けられなくなる。
listは,今のところ定期的に見ないといけないようなwebページのbookmarkを集めるために使ってる。他は追々。listを公開できるみたいだけれど,多分使わない。もし,公開する必要があれば,Google Readerの共有アイテムを使った方が良さそう。

それで,ブラウザのbookmarkは使わずに,全部ここにおいてタブで常に開いておく。
bookmarkの登録は,
http://www.google.com/support/bookmarks/bin/answer.py?hl=en&answer=175117
にあるBookmarkletを使う。
(検索結果の星をクリックしてbookmarkの登録を行うこともできるけど,Unlabeledになってしまうので,後でLabel付けしないとダメなので,登録時にLabel付けてしまえるBookmarklet経由がお勧めです。)

整理は,時間のある時,気になった時に,Labelの名称の変更と,Labelが付けられてるbookmarkの件数見合いでLabelの分割/統合をやる感じ。

活用は,Googleで検索するだけ。bookmarkも検索対象になって,スター付き検索結果として表示される。


当面これで運用しながら,webクリッピングについて調べたり,試用したりする予定。。。


Xmarksからサービス終了するってメール来てから色々試行錯誤した結果です。
結局,存続してますけどね。Xmarks。。。


posted by chu at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2011年02月24日

bookmarkとRSS

RSSは死んだとか死んでないとか言われている中で,今更なんですが。。。Xmarksで,PC間,ブラウザ間でbookmarkを同期させてきたのですが,調べものとかの途中でちょこちょこ追加したりして,自分で整理できる限界を超えてきた今日この頃。。。

スマフォでGoogle Readerを使い始めて,My stuff(共有−メモ)のとこにコメントつきでURLを保存しておけるのに気が付いて,これをbookmark的に使うのが良いように思えてきました。

bookmarkもコメントを付けられると言えば付けられるのですが,有効に活用できていないので,コメント付きでタグを付けてReaderに保存した方が良いように思えてきました。
また,整理もbookmark的に階層掘って分類するより,とにかくタグを付けて放り込んでおいて,必要な時に検索で探すの方がお手軽だと思うのです。
整理してなくてグチャグチャなのを,いつか整理しないとなあとか思いながら使うより精神衛生上良いのかもしれません。

PCの中のファイルもそうですが,階層構造で整理していくのは分類をどうするかとか,階層をどうするかとか,かなり難しいと思うのです。分類上複数に属するのがあったりすると,そこで整理するの嫌になってしまったり。。。
タグであれば複数付けてしまえば良いだけですから。

webサービスで,とにかく放り込んで検索頑張れ系とか,同期系とか,今まで試した結果が思わしくなかったので,使ってこなかったんですが,試用している限りではかなり安定してるように思われます。それなりに進化しているんですね。



posted by chu at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2011年02月23日

MercuryとOutlook 2003

MUAが変わるたびにメールを移行するのが面倒になってきたので,ローカルにIMAPサーバを立ち上げてやれば,IMAPに対応しているMUAなら気軽に変更できるのではないかと目論んで,Mercuryを評価してみた。

なぜMercuryを選んだかといえば,ローカルの開発環境用に入れていたXAMPPに含まれていたから。

結果,
  • 階層を持ったフォルダが作れない
  • フォルダ名を日本語にできない

ということで,使えないですね。
Mercury側の問題なのか,Outlook側の問題なのかは切り分けてません。
この組み合わせでの結果ということで。。。残念です。

ローカルにwebメール環境構築するのは,ちょっとバカらしいようにも思えるのですが,MUAに縛られることなく,webメールにしてしまった方が良いのかもしれません。


posted by chu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2011年02月06日

Chromeとi-フィルター

Eee PCを寝モバで使ってるのですが,ほぼUbuntuで生活しています。
Windows XPより起動が速いので,とても重宝しています。

ここのところ,ブラウザはChromeを主に使っていたので,Windows側にもChromeをインストールしてみたのですが。。。
ページがまったく読み込めなくて,焦りました。

Eee PCにプリインストールされているi-フィルター5.0をアンインストールしないとダメとのことです。

Chrome側の情報は,webにたくさんあるのですが,もう一方のi-フィルターの販売元からの情報は無いみたいでした。
販売元のwebページでサポート情報を検索してみても,該当する情報は無かったです。
販売元が開発しているのか,代理店してるだけなのかは分かりませんが,彼らはこの問題を把握しているのかなあ。
それとも問題としてすら認識してないのですかね。

アクセスフィルター自体は,需要があると思うので,ちょっと気になりました。


posted by chu at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年07月30日

Windows用の管理ツールいろいろ

Freeで使えるツールがいろいろ出てるのですね。

EASEUSのツールを試してみたいのでメモメモ

 ・データのリカバリ(Data Recovery Wizard Free Edition
 ・パーティションの編集(EASEUS Partition Master
 ・ディスクのバックアップ(EASEUS Disk Copy


posted by chu at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年04月07日

さようならThunderbird

Thunderbird 3.0.4を使っていたのですが,受信トレイのメールが全てなくなりました。 o...rz
フォルダを最適化するか聞いてきたので,いつものようにOKしたら最適化処理から返ってこなくなって,そのままメールが消失しました。
メールの保存先を確認してみたら,Inboxが0byteになってました。
なので,拡張子がmsfである要約ファイルがらみの消失ではないので,復旧は無理なようです。

セキュリティソフトとの相性なのか,メールを消したり,フォルダに移動させたりする処理に時間が異常にかかったり,索引データベースを作成するのに動作が重くなったりもしていたので,Thunderbirdと決別することにしました。
メールが消失するようなものでは,仕事では使えません。
家で前のバージョンをずっと使っていたのですが,こちらは安定していたので3.0系の問題かと思います。

とりあえず,outlookへ避難中です。

家のMUAも変更する方向で検討中。さようならThunderbird
posted by chu at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年03月11日

Xmarksへの移行,というかFirefox 3.6系にそろそろ移行したい

FoxmarksからXmarksに変わった時に使ってみたのですが,xmarks.comにfoxmarks.comのアカウントでログインできるのだけれど,ブックマークの同期ができなかったので,元に戻して今までFoxmarksを使い続けていました。
しかしながら,そろそろFirefox 3.6系への移行を考えたいところ。

今日,再度Xmarksを試してみたところ,xmarks.comでブックマークの同期には,問題ないことが確認できました。
FoxmarkとXmarks間での同期にも問題無いようです。

あとは,IE tabの代替を見つけられれば,3.6系へ移行する予定です。

続きを読む
posted by chu at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年03月10日

Microsoft Security Essentialsのアップグレード

通知が来たので,言われるがままにアップグレードしました。
バージョンは,1.0.1961.0でした。

何が変わったのか,全然分かりません。。。
posted by chu at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年02月26日

WeMailからのメール移行

過去のメールの参照のためだけにWeMailを残していたのだけれど,やっぱり移行したいので,ググってみたところ移行に関する記事がありました。
http://mikado.at.webry.info/200803/article_2.html
http://youru3.blog120.fc2.com/?mode=m&no=37
WeMailのwemは,MH形式なのですが漢字コードがSJISなのでちょっとやっかいな感じですね。
上のURLの記事では,SJIS→ISO-2022-JPに変換して取り込めば良いように書いてありますが,メール本文はこれで良いとしても,メールヘッダー等は,変換後base64でエンコードしてあげないと件名とか宛先とか添付ファイル名が化けてしまって読めなくなってしまいます。

WeMail→Thunderbird 3.0.1へ移行する場合は,以下のような手順をふむ必要があるようです。

  1. WeMailの設定−環境設定−基本項目タブ−メール格納ディレクトリで指定されているフォルダの下のFOLDERフォルダをD:\FOLDERあたりにコピー
  2. 拡張子の変更と不要なファイルの削除
    DOS窓から以下のコマンドを実行
    d:
    cd \FOLDER
    for /r /d %i in (*) do ren "%i"\*.wem *.eml
     (拡張子をwemからemlに変更)
    for /r /d %i in (*) do del "%i"\*.WML
     (ドラッグ&ドロップするとき邪魔なので,*.WMLを削除)
  3. emlファイルをフォルダ構成再現しつつOutlook Expressにドラッグ&ドロップ
  4. Outlook ExpressでOutlookへエクスポート
  5. Outlook Expressのメールを全部削除
  6. Outlook ExpressでOutlookからメールをインポート
  7. ThunderbirdでOutlook Expressからメールをインポート
まとめると,WeMail→Outlook Express→Outlook→Outlook Express→Thunderbirdとやると移行ができます。一回Outlookを間にかますのがキモです。

調べていて気付いたのですが,ThunderbirdのOutlookからのインポートに問題があるので注意が必要です。添付ファイルが復元できない模様です。
http://forums.mozillazine.jp/viewtopic.php?t=7508
副作用としては,テキスト形式のメールも全てHTML形式になってしまいます。
posted by chu at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年02月20日

Windowsのセキュリティソフト

特に理由は無いけど、Microsoft Security Essentialsに乗換えました。
使用中のセキュリティソフトをアンインストールしてから入れれば特に問題は出ないはず。

Windows Defenderはインストール後、無効化されてた。
どうせ無効にするなら、アンインストール促すか、インストール時にアンインストールを選択できた方が良いと思う。
posted by chu at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Client

2010年02月19日

BitTorrentクライアント

ずっとBitCometを使っていたのですが、どうも1.1xにバージョンを上げてから違和感を感じてます。
起動遅い?ダウンロード遅くなってる?画面がちょっと?とか細かいことなのかもしれませんが,0.7xを使っている時は不満を感じることも無かったので。

他のクライアントを試す良い機会でもあるので,μTorrentを使ってみました。
今日時点の最新は,2.0
インストールする際に言語が選べて,Japaneseを選べば言語ファイルもインストール時にダウンロードしてくれるようになっています。
回線速度の測定とポート開放状況をチェックするダイアログが出てきて,これが終わればインストール完了です。

インストールした後,キャッシュとダウンロードし終わったファイルとトレントファイルの格納場所の設定ぐらいで使えるようになります。

試しに数ファイル落としてみた感じでは,BitComet 1.1xよりダウンロードが速い感じです。画面もシンプルで良い感じ。
問題が無ければ,このまま使用するつもり。BitCometはアンインストールしました。
posted by chu at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Client