2011年08月19日

MTOS4.36を入れてみた

CentOS 5.6のサーバにMTOS 4.36を入れてみました。MTOS 5でないのは使う人の都合です。
MovableTypeは昔からあるCMSなので,インストールにあまり苦労しないと思っていたのですが,Perlのモジュールを入れるのに少々苦労しました。
それと,PerlなCGIを使うのが久しぶりだったので,apacheの設定を色々忘れていて資料見ないといけなかったり。

MTOSで使われるPerlモジュールの内,必須モジュールはCentOS 5.6のリポジトリからインストールできるのですが,オプションモジュールが無くて,
  • CPANを使って入れる
  • rpmforgeのリポジトリからyumで入れる
のどちらかで用意する必要がありました。yumで管理したいので,rmpforgeのリポジトリからのインストールすることにしました。

rpmforgeのリポジトリのインストール
  • rpmforgeのリポジトリのインストール
    # wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
    # rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

    rpmforgeが常時使われないようにrpmforgeのリポジトリの設定を変更します

      # vi /etc/yum.repo.d/rpmforge.repo

    enable = 1となっている行をenable = 0に変更しておきます。

  • Perlモジュールのインストール
    mt-check.cgiでインストールされていないことになっているモジュールをインストールしていきます。モジュール名が hoge1::hoge2となっているモジュールをインストールする場合は,

      # yum --enablerepo=rpmforge install perl-hoge1-hoge2

    とインストールしていきます。
一通り入れ終わった後,再度mt-check.cgiで確認したところ,Crypt::DSAでエラーが。。。
パッケージを確認しても,perl-Crypt-DSAはインストールされている状態です。
調べてみると,MTOSの配布物に含まれているMath::BigIntのバージョンが古いせいでエラーになっているようです。
MTOSの配布物を展開したディレクトリの下のextlib/Mathをディレクトリごと削除して,rpmforgeからperl-Math- BigIntを入れようとしたところ,パッケージのコンフリクトでインストールできませんでした。
しかたが無いので,perl-Math-BigInt-1.89-1.el5.rf.noarch.rpmをダウンロードしてきて,rpmで強制的にインストールしちゃいます。

  # rpm -Uvh --force perl-Math-BigInt-1.89-1.el5.rf.noarch.rpm

なんとか,これでオプションモジュールまでインストールが完了です。
posted by chu at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CMS

2006年09月11日

結局xoops。。。

DrupalとかXarayaで遊びたいのですが,作るモンは作っておかないとということで,xoopsも久々にインストール。utfだったらなあ。。。
まずは,いつものようにmysqlのデータベースとユーザを用意します。
$ mysqladmin --user=root --password create xaraya
Enter password: ******  ← rootのパスワードを入力

$ mysql --user=root --password mysql
Enter password: ******  ← rootのパスワードを入力
mysql> GRANT SELECT,INSERT,UPDATE,DELETE,CREATE,DROP
mysql> ON xoops.*
mysql> TO xoops@localhost
mysql> IDENTIFIED BY '******';

mysql> quit

uploads,cache,およびtemplates_cディレクトリとmainfile.phpのグループとアクセス権を変更します。
# cd xoops_install_path/html
# chgrp -R apache uploads
# chmod -R g+w,o-rwx uploads
# chgrp -R apache cache
# chmod -R g+w,o-rwx cache
# chgrp -R apache templates_c
# chmod -R g+w,o-rwx templates_c
# chgrp apache mainfile.php
# chmod g+w,o-rwx mainfile.php

インストール後,installディレクトリを削除し,mainfile.phpを書き込み禁止にします。
# cd xoops_install_path/html
# rm -R install
# chmod g-w mainfile.php
posted by chu at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CMS

2006年09月07日

Xarayaのインストールと設定

Drupalに引き続きCMSの評価のためにインストール。
インストール自体は,Xaraya JapanXarayaクイックスタートを参考にインストールすれば。。。翻訳が。。。Xaraya Quick Start見ながらのほうが紛れがないかもしれません。
インストール前にmysqlのユーザとデータベースも用意しておきましょう。
$ mysqladmin --user=root --password create xaraya
Enter password: ******  ← rootのパスワードを入力

$ mysql --user=root --password mysql
Enter password: ******  ← rootのパスワードを入力
mysql> GRANT ALTER,SELECT,INSERT,UPDATE,DELETE,CREATE,DROP
mysql> ON xaraya.*
mysql> TO xaraya@localhost
mysql> IDENTIFIED BY '******';

mysql> quit

それと,すっごいメモリ喰いなので,php.iniのmemory_limitも変更しておきます。
/etc/php.iniのmemory_limitを変更
・・・
memory_limit = 32M   ← 変更。CentOSだとデフォルトが8Mになってる。
・・・
posted by chu at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CMS

2006年09月06日

Drupalが使うmysqlのユーザの権限

LOCK TABLES権限が必要でした。なので権限を追加します。
$ mysql --user=root --password mysql
Enter password: ******  ← rootのパスワードを入力
mysql> GRANT LOCK TABLES ON drupal.* TO drupal@localhost;

mysql> quit
posted by chu at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CMS

2006年08月29日

Drupalのインストールと設定

Drupal JapanのDrupal ガイドブックのインストールと初期設定を参考にしてインストールすれば良いハズ。

インストール手順で,データベースの作成するのにphpMyAdminを使用していますが,コマンドラインからでも作成できます。
$ mysql --user=ユーザ名 --password データベース名
Enter password: ****** ← ユーザのパスワード
mysql> source path_to_file/database.4.1.mysql;
mysql> quit

上はsoueceコマンドの例ですが,他のやり方については3.5. バッチモードでの mysql の使用あたりを参照してみて下さい。
posted by chu at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CMS